ペットである猫の老化のサイン

今回はペットとして家族として暮らしている猫の老化のサインをいくつかご紹介いたします。

個体差がありますので、18歳を過ぎても元気な猫もいます、7歳ですでにシニアに入ったような猫もいます。
すべての猫に共通するわけではありませんが、一般的には、家猫は12歳、外猫は10歳を過ぎた辺りから次のような変化が表れます。

・毛づくろいの減少
・毛艶や毛量の減少
・今まで登れていたところに上れなくなる。
・寝ている時間が長くなる。
・歯が弱ってきて、抜けることもある。
・ひげや口の周りに白髪のような毛が増える。
・痩せてくると同時に筋肉がたるんでくる。
・歯が抜けたり口臭がきつくなったりする。
・爪が出たままになる。
・聴力や視力が低下する。

これらは、猫が老年期を迎えたサインです。こうした変化が表れたら、ケガをしないよう部屋の中の段差をなくしたり、食事をやわらかく食べやすいものに変えたりするなどして、猫の生活環境を整えてあげる必要があります。

シニアに入っても元気なまま過ごし、安らかに天寿を全うしてほしい…、これはすべての飼い主さんの願いです。しかし、加齢とともに、猫は病気を患う確率が高くなります。もし猫が重い病気にかかってしまったら、飼い主さんは猫にとって最適な治療方法を選択しなければいけません。その中には入院という選択肢もあるでしょう。症状が重篤な場合はもちろんですが、口から食事が摂れなくなった場合、猫を置いて外出しなければいけない場合なども病院に預ける必要が出てきます。

ただ、環境が変わるのは猫にとって大きなストレスになります。やむを得ず入院することもあるかもしれませんが、可能な限り住み慣れた場所で最期の時までゆっくりと過ごさせてあげたいと思う飼い主さんも多いかもしれません。病気になり終末期を迎えた猫が自宅で少しでも快適に暮らすためには、飼い主さんによる「介護」が必要になります。病気が進行し厳しい状況が訪れたら痛みや辛さを緩和させるための「看取りケア」へと切り替えていきます。獣医師の指導のもと、食事や投薬、住環境の工夫など、猫のQOLを維持するための方法を考えていきましょう。

「年取ったな」と感じたら、定期的な健康診断をするようにしましょう。
大切な家族であるペットですから、長生きしてほしいというのはみなさん変わらないことでしょう。

地域猫って?

近年野良猫が少なくなってきたと感じたことはないでしょうか。

以前はそこら中にいた猫たち。

なぜ少なくなってきたのでしょう。

それは「地域猫」と呼ばれるようになったいきさつにあります。
地域猫とは、地域のボランティアの方々でお世話をして、管理をし野良猫を減らしていく取り組みのことを言います。

減らしていく、と言っても殺処分をするわけではありません。
避妊・去勢を行い、やみくもな繁殖を避けることで数を減らしています。

こうして地域猫として暮らしている猫には証があります。
それは、耳カットです。
片耳をカットされている猫ちゃんを見たことはありませんか?
これは「地域猫として、去勢・避妊済みの猫です。一代限りの命です。」という証になります。
カットした耳がさくらの花びらに見えることから「さくら猫」とも呼ばれます。

フランセスメモリアルのそばでも多くの地域猫が暮らしています。
ただ可愛がるのではなく、一代限りの命であることを認識したうえで、一緒の街で暮らしていければいいのではないでしょうか。

移動火葬車について

移動火葬車という方法に不安や疑念をお持ちの方は少なくありません。
改めて移動火葬車についてご説明いたします。
移動火葬車とは、ワゴン車の中に火葬炉を積み、ペットのご火葬を行う車のことをいいます。
霊園だけでなく、ご自宅のそばでご火葬を行えることがメリットとされております。
しかし、不安なこともあるでしょう。
その不安を少しでも取り除き、安心してご火葬が執り行えるようフランセス・メモリアルでは尽力しております。
Q.道路や公園で火葬するの?
A.フランセス・メモリアルでは敷地内でのご火葬が可能です。
ガーデンスペース内にある火葬場に移動火葬車を駐車してご火葬いたします。
Q.車でちゃんと火葬できるの?
A.固定式火葬炉と何ら変わりなく、ご火葬を行います。お骨がきれいに焼けない等はございません。お骨の残り方や綺麗さというのは元々の骨の丈夫さや、お薬の使用具合等により異なります。
Q.車で火葬って適当にやられている気がする。見れないのは不安。
A.フランセス・メモリアルでは隠すことはなにもございません。
不安であれば、ご火葬中いつでも見に来ていただいてください。
火葬専任スタッフがおりますので、不安なことなどお気軽にご質問ください。
Q.周りからの視線が気になる。
A.フランセス・メモリアルの火葬車には「ペット火葬」や「フランセス・メモリアル」という文字は入っておりません。
通常の乗用車と変わりません。出張火葬の場合、なるべく人目につかずペットが落ち着いて旅立てる場所を選んでおります。
また、ご火葬中も扉は閉めておりますのでご安心ください。
お待ちになる間やお骨上げの際、どうしても気になるという方には敷地内火葬をおすすめしております。
ガーデンスペースにございます火葬場はきちんと緑で区切られており、周りから見えないようになっております。
お骨上げもきちんと個室で行いますので、他の方と会うこともございません。
Q.煙やにおいは大丈夫なの?
A.無煙無臭でご火葬を行いますので、ご安心ください。
また、環境への配慮のため、ビニール等の有害物質の出てしまうものは一緒にご火葬することはご遠慮いただいております。
その他にも不安な点や疑問点があればいつでもご相談ください。
フランセス・メモリアルでは終活相談窓口を設けており、ご相談だけでもお電話することが可能です。
大切な家族の最後の旅立ちです。不安をなくし、後悔のない最期を迎えられるよう、私たちもお手伝いさせていただきます。

いよいよ今月末!インターペット

いよいよ今月末の2018年3月29日(木)から4月1日(日)まで、東京ビッグサイト 東1・2・3・4ホールにて開催する『Interpets(インターペット) ~人とペットの豊かな暮らしフェア~』が開催されます。
フランセス・メモリアルはワンニャンハウジングスクエアブースにてペットの終活相談やペット葬儀のご紹介、ペットと泊まれるお宿のご紹介をいたします。
□インターペットでフランセス・メモリアルのご来館見学予約を行っていただいた方みなさまに宿泊割引券をプレセント!
□さらに、実際にご来館いただいた方にはこころ音っとの3,000円引換券をプレゼント!
□さらにさらに!対象期間中にこころ音っとサイト上で一定金額のお買い物をすると、ペットと泊まれる宿のペア宿泊券を抽選で3組様にプレゼントしちゃいます!
フランセス・メモリアルブースでは、ペットの終活・ペットとの旅行だけでなく、メモリアルグッズのオーダー受付も行います。
実物は普段フランセス・メモリアルでしか見れないものになりますので、この機会にぜひお立ち寄りください。
■ 開催概要
【日時】 2018年3月29日(木)-4月1日(日) 合計4日間 10:00~17:00
    ※3 月29 日(木)はビジネス来場者のみ ※東4 ホールは3 月29 日(木)12:00 開場
【場所】 東京ビッグサイト 東1・2・3・4 ホール(〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1)
【入場料】 ◆一般来場者
・大人(中学生以上):2,000円 ※割引チラシ持参者、一般割引事前登録者の場合:1,500円
・小学生以下、ペットの来場:無料
・障碍者手帳をお持ちの方および同伴者1 名:無料
◆ビジネス来場者:2,000 円
※招待券持参者・事前登録者・ペットの来場は無料:4 日間入場可
【出展者数】 国内外から約480社
【主 催】 一般社団法人ペットフード協会、一般社団法人日本ペット用品工業会、メッセフランクフルト ジャパン株式会社
<同時期開催のペット関連イベント>
◇FCI ジャパンインターナショナルドッグショー2018
【日程】2018 年3 月30 日(金)-4 月1 日(日)
【場所】東京ビッグサイト 東5・6 ホール
【主催】一般社団法人ジャパンケネルクラブ
<インターペットの最新情報はこちらをご覧ください>
メッセフランクフルト ジャパン株式会社 【Interpets】ウェブサイト http://www.interpets.jp/
<お問合せ先>
Tel. 03-3262-8456

想い出をカタチに残す

ペットと一緒に過ごす時間が楽しければ楽しいほど、亡くしたときの悲しみは大きいものです。
大事なペットを失った悲しみを「ペットロス」と呼び、ペットと一緒に暮らしている人なら誰もが体験することです。
ペットロスをどう乗り越えるか、その方法は人それぞれですが、悲しみを隠さない、無理して立ち直ろうとしない、悲しみを共有できる人と話をするなど、「悲しい」という気持ちを十分に表すことが立ち直るきっかけになるとも言われています。
簡単に忘れられるものではありません。できればペットとの楽しい思い出を何かの形で残したいと思う人も多いでしょう。最近では遺品や被毛などで形見の品を作る人も増えています。虹の橋に行ってしまったペットがいつもそばで見守ってくれていると思えば、悲しみが少しずつ癒されていくかもしれません。
お墓や納骨堂に納める
フランセス・メモリアルではペットの火葬から葬儀、納骨、供養までお引き受けいたします。
好きだったおやつやお花をお供えし、お参りの際に話しかけてあげることで、ペットがいつも側にいるように感じられるという人もいます。
アルバムをつくる
懐かしい、子犬・子猫の写真を見返してみましょう。思い出話があふれて止まらないはずです。思い出を振り返るきっかけや、家族で悲しみの共有をすることで、ペットロス克服へもつながります。
遺骨や遺灰を身につける
メモリアルアクセサリーとも呼ばれます。普段身につけていても不自然でないデザインのものをフランセス・メモリアルではオリジナルデザインで作成しております。
いつも感じられるぬくもりを身につけることで変わらずペットとそばにいることができ、悲しみの緩和ができるでしょう。
生前の姿や毛並みを残す
生前のうちから毛をとっておくことで、「ペット毛フェルト」として生まれ変わらせ、いつもペットを身近に感じられる大切な形見になるのではないでしょうか。
作家さんがひとつひとつ丁寧に心を込めておつくりいたします。

猫の日!猫の名前ランキング2018

ペットとして人気を誇る猫ちゃん!
最新のペット飼育頭数調査ではついに犬を上回りました。
猫ちゃんのペット人気は衰え知らずですね。
【アニコム損害保険株式会社様より引用】
アニコム損害保険株式会社(東京都新宿区:代表取締役社長 野田 真吾)が、2月22日の「猫の日」に合わせ、ペット保険「どうぶつ健保」に新規契約した0歳の猫、約26,000頭を対象に調査した「猫の名前ランキング2018」と「猫の人気品種ランキング」を発表しました。
総合ランキング
1位 レオ
2位 ソラ
3位 モモ
男の子ランキング
1位 レオ
2位 ソラ
3位 コテツ
女の子ランキング
1位 モモ
2位 ココ
3位 ハナ
漢字名男の子ランキング
1位 福
2位 茶々丸
3位 空
漢字名女の子ランキング
1位 姫
2位 茶々
3位 花
人気品種ランキング
1位 スコティッシュフォールド
2位 アメリカンショートヘア
3位 マンチカン
◆猫の名前ランキング◆
■総合ランキングは「レオ」が1位を獲得
総合ランキングでは、昨年2位の「レオ」が、わずか2頭差で「ソラ」を制し、昨年の雪辱を果たしました。
3位の「モモ」と4位の「ココ」は昨年同様の順位でした。また「ムギ」がベスト10圏外から5位にランクインしています。
男の子部門では、「レオ」が昨年に引き続き、1位を獲得しました。
2位の「ソラ」、3位の「コテツ」も昨年同様で、人気の高い名前です。4位には、昨年6位の「コタロウ」がランクインしています。
女の子部門では、「モモ」が強さを見せ、1位を獲得しました。2位には昨年3位の「ココ」がランクイン。
3位「ハナ」、4位「サクラ」と女の子ならではの名前がランクインしています。
漢字で表記される名前は、男の子では「福」が、女の子では「姫」がそれぞれ1位を獲得しました。
2位は「茶々丸」と「茶々」で、毛色から名付ける名前も人気が高い傾向がわかります。
◆人気品種ランキング◆
■「スコティッシュ・フォールド」がV10達成!!
人気品種ランキングでは、「スコティッシュ・フォールド」が 10 連覇を達成。不動の人気が続いています。
2位の「アメリカン・ショートヘア」から 7 位の「ラグドール」までは昨年同様の順位で、「ベンガル」が昨年9位から8位にランクアップという結果でした。
犬のように毎日の散歩が必要ない、一人暮らしでも飼いやすいなどの理由から、猫の飼育数は増加傾向といわれています。生涯を共にするパートナーとして猫との暮らしを楽しむ方が増えるよう、アニコム損保は猫の飼い主さんに役立つ情報を発信していくとのことです。
<アニコム損保 猫の飼い主さん向けお役立ち情報>
□猫好き専用ダイヤル ニャンともあんしんサービスセンター
保険の手続きから猫談義まで。猫好き社員が対応いたします。

保護猫アメと里親マリの肉球記(番外編)~ニャンともあんしんサービスセンターって?~


□Webメディア anicom you
保護猫アメと里親マリの肉球記 子猫の成長記録やお手入れ方法の連載記事

保護猫アメと里親マリの肉球記(16)~ネコちゃんの脱走劇~


猫の日:2月22日=「ニャン(2)ニャン(2)ニャン(2)」という語呂合わせより、ペットフード協会主催による「猫の日制定委員会」が全国の愛猫家から公募して 1987(昭和 62)年に制定
【調査方法】
2017年2月1日~2018年1月31日にアニコム損保の「どうぶつ健保」に新規契約した0歳の猫 26,329 頭の名前、品種を集計
【問い合わせ先】
アニコム損害保険株式会社
経営企画部 広報担当 塩澤
TEL:03-5348-3777
FAX:03-6863-8257
MAIL:release@ani-com.com
〒160-8352 東京都新宿区西新宿 8-17-1
住友不動産新宿グランドタワー39階
http://www.anicom-sompo.co.jp/

日本最大のペットイベント第8回『Interpets ~人とペットの豊かな暮らしフェア~』

2018年3月29日(木)から4月1日(日)まで、東京ビッグサイト 東1・2・3・4ホールにて開催する『Interpets(インターペット) ~人とペットの豊かな暮らしフェア~』にフランセス・メモリアルも出展いたします。
ワンニャンハウジングスクエアブースにてペットの終活相談やペット葬儀のご紹介、ペットと泊まれるお宿のご紹介をいたします。
様々な特典をご用意しておりますので、ご来場の際はぜひお立ち寄りくださいませ。
■ 第8回 『Interpets ~人とペットの豊かな暮らしフェア~』のポイント
・これまで以上に出展カテゴリーを拡充、屋内ペットイベントとしては日本最大規模で開催
・昨年比で出展者は約2 割増の約480 社、実施面積1.6 倍で過去最大の実施規模に
・ついに飼育数で犬をこえた猫ブームを受けて、昨年から実施している「猫ゾーン」が今年はさらに拡大
・近年の水族館ブームから注目の集まる「アクアリウムゾーン」もさらに充実したラインナップで実施
・災害大国の日本で考えなければいけない“もしもの時”のペット防災ステージイベントを初開催、ペットとの避難用に需要が高まるキャンピングカーも登場
・家族の一員であるペットを失ったときのメモリアルや飼い主のケアに関する「ペットロス」のステージイベントが初登場
・デザイン性の高いペットファッション、グッズを提供するヨーロッパ企業や、様々な猫関連グッズを展開する猫大国の台湾メーカーなど海外出展者も増加
・ホンダ、メルセデスベンツ、フォルクスワーゲン、ボルボなど、自動車メーカーが今年も出展
・新たに一般社団法人日本ペット用品工業会が主催に参加
■ 開催概要
【日時】 2018年3月29日(木)-4月1日(日) 合計4日間 10:00~17:00
    ※3 月29 日(木)はビジネス来場者のみ ※東4 ホールは3 月29 日(木)12:00 開場
【場所】 東京ビッグサイト 東1・2・3・4 ホール(〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1)
【入場料】 ◆一般来場者
・大人(中学生以上):2,000円 ※割引チラシ持参者、一般割引事前登録者の場合:1,500円
・小学生以下、ペットの来場:無料
・障碍者手帳をお持ちの方および同伴者1 名:無料
◆ビジネス来場者:2,000 円
※招待券持参者・事前登録者・ペットの来場は無料:4 日間入場可
【出展者数】 国内外から約480社
【主 催】 一般社団法人ペットフード協会、一般社団法人日本ペット用品工業会、メッセフランクフルト ジャパン株式会社
<同時期開催のペット関連イベント>
◇FCI ジャパンインターナショナルドッグショー2018
【日程】2018 年3 月30 日(金)-4 月1 日(日)
【場所】東京ビッグサイト 東5・6 ホール
【主催】一般社団法人ジャパンケネルクラブ
<インターペットの最新情報はこちらをご覧ください>
メッセフランクフルト ジャパン株式会社 【Interpets】ウェブサイト http://www.interpets.jp/
<お問合せ先>
Tel. 03-3262-8456

犬の十戒

犬の十戒という有名な詩があります。
ペットを暮らすうえで、この内容は犬も猫も同じだと思っています。
その時が来る瞬間まで、ペットオーナーさんには心に刻んでおいていただきたい内容です。
1. My life is likely to last ten to fifteen years.
Any separation from you will painful for me.
Remember that before you buy me.
私の寿命は、10年。長ければ15年。
何があっても最後まで、あなたのそばにおいてもらえますか。
私を飼う前に、どうかそのことをよく考えてください。
2. Give me time to understand what you want of me.
あなたが私に望んでいることを、ちゃんと分かるようになるまで
少し時間をください。
3. Place your trust in me- it’s crucial to my Well-being.
私を信頼して下さい……それが何より嬉しいのです。
4. Don’t be angry at me for long and don’t lock me up as punishment.
You have your work your entertainment and your friends.
I have only you.
私のことをずっと叱り続けたり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
あなたには仕事や楽しみもあるし、友達もいるけれど
私には….あなたしかいないのです。
5. Talk to me sometimes.
Even if I don’t understand your words,
I understand your voice when it’s speaking to me.
時には私に話しかけて下さい。
たとえ、あなたの話す言葉はわからなくても、
あなたの声を聞けば、私に何を言ってくれているのか、分かるのです。
6. Be aware that however you treat me, I’ll never forget it.
私のことをいつもどんな風に扱っているか、考えてみてください。
あなたがしてくれたことを、私は決して忘れません。
7. Remember before you hit me that l have teeth
that could easily crushthe bones of your hand
but that I choose not to bite you.
私を叩く前に思い出して下さい。
私には、あなたの手の骨など簡単に噛み砕ける歯があるけれど、
決してあなたを噛まないようにしているということを。
8. Before you scold me for being uncooperative obstinate or lazy,
ask yourself if something might be bothering me.
Perhaps I’m not getting the right food
or I’ve been out in the sun too long
or my heart is getting
old and weak.
言うことをきかないとか、手におえないとか、怠け者だと叱る前に
そうさせてしまった原因が無かったか、思い起こしてください。
ちゃんとした食事をさせてもらっていたでしょうか
太陽が照りつけている中に、長い間放っておかれたことはなかったでしょうか
老いた私の心臓が弱っているせいで、動けないのかもしれません。
9. Take care of me when I get old ; you, too, will grow old.
私が年老いても、どうか世話をして下さい。
私達はお互いに、同じように歳をとるのです。
10. Go with me on difficult journeys.
Never say, “I can’t bear to watch it .” or ” Let it happen in my absence.”
Everything is easier for me if you are there.
Remember I love you.
最期のお別れの時には、どうか私のそばにいてください。
「つらくて見ていられない」とか「立ち会いたくない」とか
そんなこと、言わないでほしい。
あなたがそばにいてくれるなら、
私は、どんなことも安らかに受け入れます。
そして、どうぞ忘れないで。
私がいつまでも
あなたを愛していることを。
日本語訳:犬の十戒 (ソマリ+ism)
犬と暮らすうえで、猫と暮らすうえで、こころに刻み付けなければならないと思っています。
ペットは話せません。その代わり全身で愛情を表現してくれます。
ペットには私しかいない。帰りを今か今かと待っていて、帰ってきたらしっぽをちぎれんばかりに振って迎えに来てくれる。
そんな愛情をくれる存在です。
最後にありがとうの気持ちを込めて、少しでも長くいるために、お別れの時間は大事だと思っています。
「最後にはそばにいてください」葬儀をしてお別れをし、ご火葬してお骨になるその時まで、そばにいてあげてください。
この子にはあなたが一番なのです。

最愛のペットとの別れ※体験談

ずっと一緒に過ごしてきていたペットが亡くなる時、その瞬間は避けては通れません。
かくいう私も、現在犬1匹と猫1匹と暮らしています。
犬はまだ子犬ですが、猫はもう10歳になります。
平均寿命を考えると「そろそろかな…」と考え始めている頃です。
すべての子が平均寿命まで生きれるわけではありません。
事故にあってしまったり…
突然病気になってしまったり…
若くして亡くなるペットもたくさんいます。
今日は私の体験を交え、お話いたします。
今の犬を飼う前に、実は1匹飼っていました。
ミニチュアダックスの男の子でした。
愛想のいい、人が大好きで、すぐにしっぽを振り、あいさつに行く
看板犬の鏡でした。
大きな病気もなく健康に過ごし、少しおなかは弱い子だったのでフードには気を遣っていました。
散歩が嫌いな子だったので、一緒に会社に行っては足元で寝て…という過ごし方をしていました。
イベントや外出があるときはお留守番をしています。
忘れもしません。2017年4月1日。
この日はイベント出店の予定があったため、お留守番をしてもらうつもりでした。
しかし、悪天候によりイベント中止となり、私は自宅で仕事をすることになったのです。
珍しく一日家にいれる日でした。
私がいることがうれしいのか、ちょこちょこ足元にひっついては「遊んでー!」とおなかを見せていました。
しばらくすると、バタバタ遊んでいた音が止みました。
ちらっと目を向けると、自分の部屋に入って寝ているようでした。
寝息が聞こえていたので、「静かにしてあげよう」と思ったのを覚えています。
そして、夕方になり
ふと気づくと、寝息がなんだか変だなと気づきました。
「マロン?」
名前を呼び、部屋をのぞくと、丸まって呼吸の荒い我が子がいました。
慌てて、部屋から出して膝の上に寝かせました。
すると、「すぅー…」と大きく息を吐いて、呼吸が止まりました。
呼吸が止まる前に、涙なのか生体反応なのかわかりませんが、濡れた大きな目を開いてこっちを見てくれました。
死因は先天性の心臓病ではないかと言われています。
亡くなってもなお、解剖することは私にはできませんでした。
今はただ、向こうで楽しく遊んでくれればいいと。
享年2歳半でした。
あまりに早すぎる別れでした。
自分がペットの葬儀を行う立場にいて、人よりも死を身近に感じているにも拘わらず、私は受け入れられませんでした。
葬儀を行い、周りの人と思い出話をし、たくさんたくさん一緒に涙を流してもらい、今は少しですが受け入れられています。
たかがペット
いえ
ペットは何よりも大切な存在なんです。
私があの日家にいれたのは、きっとマロンが呼んでくれたのだと思っています。
最後に会えて、膝の上で逝ってくれたのは何よりの親孝行でしょう。
そして、苦しいでしょうに、目を開けてしっかり私を見てくれました。
私には何と言っていたのかわかりません。
でも、きっと「楽しかった」と言ってくれていたのかなと思っています。
悲しみ、怒り、後悔、いろいろな感情を様々な人と共有することがペットロス解決の道だと思っております。
マロンの葬儀をあげていただいたことは、私の中ではとても大きなことです。
葬儀や周りの助けがなければ私は、きっとずっとマロンを抱いていたことでしょう。
そして今の子とも出会うことはなかったでしょう。
今の子と出会ったのは、マロンの3歳になるはずだった誕生日でした。
マロンが最後にくれた贈り物だと思っています。
ペットは言葉を話せません。
しかし、表情があります。
しぐさがあります。
懸命に伝えようとしてくれています。
そして、ペットはただかわいいだけではありません。
手もかかります。
時間も取られます。
時には怒ってしまうでしょう。
嫌いになりそうな時もあるでしょう。
それでも、ペットには私たちしかいないのです。
愛情をたくさんたくさん注ぐと、その分返してくれます。
その瞬間が何よりも嬉しいのです。
最後に私を呼んでくれたこと、膝の上で逝ってくれたこと、そして今の子に出会わせてくれたこと
すべて、マロンのくれた奇跡だと思っています。
今ペットと暮らしている方は、今ある時間を一分一秒でも大切にしてください。
この時間はいつまであるのか、それは神様にしかわからないのですから。

ペット葬儀のトラブル

ペットの葬儀を行っている上で、様々なトラブルを耳にします。
・自分の子の遺骨ではない遺骨を渡された
・個別火葬と言っていたのに、合同火葬だった
・葬儀を行うと書いてあったのに、実際は火葬だけだった
・納骨堂を無理やり勧められた
・何の連絡もなく倒産してしまい、自分の子のお骨がどこにいったかわからなくなってしまった
愛する家族の最後のことです。とても冷静ではいられないでしょう。そんな中そこにつけこみ、サービスの低下を行うことはあってはならないことです。
ご自身の目で見極めて、安心して任せられる会社にお任せをしましょう。
そのために、前もって調べたり、見学に行くことはとても大切なことです。
・火葬は常に立ち合いが可能かどうか
・葬儀の内容を具体的に聞いてみる
・合同納骨、合同供養、合同埋葬の場合はどこに供養しているのか
・納骨堂の雰囲気は自分に合うか
・納骨堂の管理はどんなことを行っているか
・きちんとした契約内容なのか
こういったことを気を付けることが大事です。
「そんなこと聞きづらい…」そう思うかもしれません。
しかし、大切なペットのことです。お母さん・お父さんが聞いてあげてください。お母さん・お父さんが安心しないとペットも安心できません。
私たちがお見送りの手伝いをするうえで、もっともうれしい言葉は「あなたに頼んでよかった」という言葉です。
私たちは、あくまでお手伝いしかできません。
お見送りができるのはペットの飼い主様だけです。
そんな大切な場面に関わらせていただく以上、精いっぱいのことをしてあげたいと思うのです。
少ししかいない悪質な業者のせいで、より悲しむ飼い主様を少しでも減らしたい、私たちがお手伝いをすることで涙がいつか懐かしい思い出に変わることを願っております。