地域猫って?

近年野良猫が少なくなってきたと感じたことはないでしょうか。

以前はそこら中にいた猫たち。

なぜ少なくなってきたのでしょう。

それは「地域猫」と呼ばれるようになったいきさつにあります。
地域猫とは、地域のボランティアの方々でお世話をして、管理をし野良猫を減らしていく取り組みのことを言います。

減らしていく、と言っても殺処分をするわけではありません。
避妊・去勢を行い、やみくもな繁殖を避けることで数を減らしています。

こうして地域猫として暮らしている猫には証があります。
それは、耳カットです。
片耳をカットされている猫ちゃんを見たことはありませんか?
これは「地域猫として、去勢・避妊済みの猫です。一代限りの命です。」という証になります。
カットした耳がさくらの花びらに見えることから「さくら猫」とも呼ばれます。

フランセスメモリアルのそばでも多くの地域猫が暮らしています。
ただ可愛がるのではなく、一代限りの命であることを認識したうえで、一緒の街で暮らしていければいいのではないでしょうか。