上野原市 M・F様

いつもニャーと甘えてまとわりついていたうちの子。 亡くなってすぐは気持ちが落ち着かない日々でしたが、それが過ぎると、うちの子がいない生活が寂しく、生前のうちの子を思い出しては悲しんでばかりいる毎日でした。 このままではうちの子も喜ばない、きちんと送って気持ちを落ち着けようとお別れ会をしましたが、 あらためてうちの子の事が大好きだった皆と共に送る時間を持ち心が安らぎました。 きっと虹の橋のたもとで私達を待ってくれていると思います。