災害時のペット避難

災害が起こったときに最初に行うことは、もちろん飼い主自身や家族の安全確保ですが、ペットの安全確保についても、普段から考え備えておく必要があります。十分な水や食料の他、常備薬等も用意し、避難所や避難ルートを確認しておく等、いざというときに慌てないように、ペットに基本的なしつけをし、備えておきましょう。避難するときは、ペットと一緒に避難(同行避難)できるよう、日頃からキャリーバックやケージに入ることなどに慣れさせておくことも必要です。
 そして、避難所等においては、自治体の指示に従い、ルールを遵守し、他の避難者に迷惑をかけてはなりません。特に、避難所では動物が苦手な方やアレルギーを持っている方等への特別な配慮が求められます。また、避難や避難生活はペットにとっても大きなストレスとなる可能性があるので、ペットの行動も考えた十分な準備をすることが重要です。これは決して特別なことではなく、普段からペットの基本的なしつけや健康管理をし、ペットを様々な環境に慣らしておくことが、災害時の備えの基本になります。しつけはペットの安全確保のみならず、災害時のペットのストレスも軽減させ、あなた自身や周囲の方々への安全・安心の確保にも重要です。
 現在ご自分が住んでいる地域で指定されている避難場所は、ペットとの同行避難が可能かどうかをあらかじめ確認し、可能な場合はその注意事項を管轄の自治体に確認する等して、ペットとの避難計画を考えておきましょう。
【引用:環境省】

避難所に一緒に連れていけるとは限りません。一緒に連れていけてもおうちに戻れないかもしれません。
日頃からキャリーに慣れさせておいたほうがいいでしょう。猫ちゃんの場合キャリーでないと非難は難しいです。わんちゃんの場合でもリードは同行不可な避難所もあります。
また、おうちのすぐに取り出せる場所に避難セットを置いておきましょう
・ペット用の水とフードボウル
・ゴミ袋
・トイレットペーパー
・保温グッズや冷却グッズ
・キャリーバッグ
・1週間分くらいのごはん
・おもちゃ※投げて遊ぶものよりもその場で遊べるものをおすすめします。
・鑑札、予防接種証明書
・迷子札、写真
ペットが迷子になってしまうこともあります。その時のために迷子札を日ごろからつけておきましょう。
また、万が一迷子になってしまったときに写真も持っていると、見つかりやすくなるかもしれません。

【猛暑対策】散歩の前に「地面を5秒間タッチ」!

連日の猛暑のせいで、「愛犬の散歩の時間をずらしている」という飼い主さんも少なくないことでしょう。しかし昼間の気温が高いと夜中まで30度を越えたまま……といった場合もあるので、早朝だろうと夜中だろうと気をつけたいものです。

特に太陽光でじりじり焼き尽くされたアスファルトには、注意が必要。夏の地表面温度は約65度まで上昇するらしく、知らないあいだに、犬が肉球を火傷をしてしまうという事故が発生しているようなんです。

【手の甲で5秒間地面をタッチ】
この事態を未然に防ごうと、犬の靴・靴下専門店「docdog(ドックドッグ)」が推進しているのが、お出かけ前に手の甲で地面を5秒間タッチして熱さを確認する「#わんタッチ」活動。

散歩に連れていく前に、飼い主さん自ら地面の熱さをチェック。チェックするのは手のひらよりも、温度を感じやすい手の甲のほうがいいそうです。熱いと感じたら散歩の時間をずらすか、犬用の靴を履かせるかしたほうがいいとのことでした。

【涼しいと思っても油断は禁物】
「docdog」の監修を務める獣医師さんいわく「涼しさを感じる⼣方であっても、地面はまだ⼗分に熱を持っていることもあり得る」とのこと。肉球は傷が治りにくい場合もあるので、十分な注意が必要だといいます。

そして火傷に至らなくても、足裏に熱さを感じることでストレスの要因になるのだとか。

犬は多少痛くても吠えたり鳴いたりして訴えることは少ないそうなので、飼い主さんがしっかり見てあげることが必要かもしれません。散歩中に愛犬が日陰などの涼しい場所でうずくまったり、日なたで速足になったりした場合には、地面の温度をみてあげてくださいね。

【対策グッズを取り入れるのも◎】
「docdog」には犬用の暑さ対策グッズがいくつかあって、中でも重宝しそうなのが、ワンコ専用靴「Mud Monsters(マッドモンスターズ)」(8521円 / 以下すべて税込み)。また、水に濡らすだけで犬の体を冷やしてくれるという「スワンプクーラークーリングベスト」(8100円)も、今の季節にピッタリ。濡らしても重くならない構造になっているそうなので、あわせてチェックしてみてはいかがでしょうか。

参照元:プレスリリース、docdog[1][2]

8月19日開催夏の慰霊祭

ペットを亡くされたすべての方へ
今年も夏の慰霊祭を開催いたします。
フランセス・メモリアルを利用されていない方もご参列が可能です。
お申し込みは下記HPよりお申し込みください。
案内状をお送りいたします。

開催日時:2018年8月19日(日)14:00~(受付開始13:30)
開催場所:フランセス・メモリアルTOKYO 東京都八王子市散田町2-7-32
問い合わせ先:042-673-2951
献花料:5,000円
代理献花:5,000円
供花:7,000円
愛用品供養:2,000円

DNAを残すという選択肢

家族であるペットが生きていた証となるDNAが残せるようになりました。これまでの楽しかった思い出や写真・映像と一緒にDNAという唯一無二の記録を残せる『いのちのかたみ』それがDNA Stock Assistです。

どうしていまDNAを保存するのか? それはDNAを採取するには細胞が生きている時期に限られるからです。すなわち、固体特有で唯一の遺伝情報が含まれるDNAは、まさにいのちの情報であり、生きていた証として、最も貴重なかたみになるといえます。深い思い出が残る品や写真と一緒にいのちの情報が刻まれたDNAを保存することをお薦めいたします。

専門的な技術でいのちの情報を永久保存できるのです。 少しでもペットロスを軽減し、ペットと身近にいられる環境をご提供します。

その昔、多くの場合ペットは庭などに埋めて供養していました。そして昨今、ペットは火葬して供養することが普通になってきています。さらにここ数年、散骨や樹木葬などの供養方法も少しずつ浸透しており、ペットの葬儀、供養の方法も多様性を見せているのです。

ペットのDNAを残すことは、確実な命の証として手元に残り、将来に夢を持てるということで科学技術に基づくペット供養の新しい方法といえます。

引用:DNA stock Assist
https://dna-omoca.jp/pet/index.html
https://petsou.statice-co.com/memorial/

お父さん犬の訃報

ソフトバンクのCMで有名な初代お父さん犬を務めたカイくんが6月28日未明、老衰のため亡くなったそうです。
享年16歳でした。

今はCMやドラマでもペットが活躍する時代です。

がんばってきてくれたカイくんに敬意をこめて
ご冥福をお祈りいたします。

亡くなったペットちゃんの処置方法

ペットちゃんが亡くなると全身の力が抜けるため、体液が漏れ出すことがございます。
季節によってはにおいの元にもなります。

最期の姿を普段と変わらない綺麗な姿にするためにも、処置を行いましょう。

体液が漏れ出す部分として
・お口
・お鼻
・お尻
の3つがあります。
それぞれ同様の処置を行います。
①脱脂綿(コットンやガーゼ等)を大きさに合わせ小さくちぎります。ピンセットや綿棒などをつかって、優しく詰めてあげます。
②あまり多く詰め込む必要はありません。汚れてきたらまた変えてあげましょう。
③お口に詰める際は、舌を軽く押さえ、喉の奥に詰めるようにします。

フランセス・メモリアルでは、お棺をお持ちする際にご要望の応じて上記のような処置を行わせていただきます。
ご遺族様の手で行うのももちろん良いですが、お気持ちが追い付かないこともあります。そんな時は遠慮なくお申し付けください。
私たちにできることは、お手伝いさせていただきます。

亡くなったペットのお口を閉じる方法

ペットちゃんが亡くなると、体の力が抜けてしまいお口が開いたままになることがございます。
体液の漏れを防ぐという意味でもきれいな姿にしてあげましょう。

①ペットちゃんの舌が出ている場合は、お口の中に戻してあげてください。
戻した後、ペットちゃんのお口を閉じさせてあげてください。

②お口が閉じたまま固定できるように、タオル等で固定をしてあげてください。

③お口の下にもタオルやペットシートなどを敷いてあげると体液の漏れを吸い取ってくれます。
※体液の漏れの処置方法は次回詳しくご説明いたします。

④その後、お口が閉じたらタオルを外し、お棺に寝かせてあげてください。

亡くなったペットの目を閉じさせる方法

「ペットが亡くなると自然に目を閉じる」
目が開いたまま、旅立ってしまうペットも少なくありません。
目が開いていると、「生きているようで気持ちが苦しい」「目から光が失われていくのを見るのがつらい」
そんなお声を聞きます。

ペットが亡くなった際に、目を閉じさせる場合は、死後直後の硬直が始まる前に優しく閉じさせてあげましょう
①親指をペットちゃんの下瞼に置き、持ち上げるように押し上げます。
人差し指でペットちゃんの上瞼をおさえておきます。親指の押上げで目は閉じますが、人差し指で抑えることで自然に目を閉じた位置に瞼をおさえることができます。

②そのまま5分~10分ほどおさえておきます。

③そっと手を離すとペットちゃんの瞼が閉じています。
盛り上がってしまった部分を優しく平にしてあげましょう。

再びペットちゃんの目が開いてしまった場合は同様に繰り返します。

目が開いていると、成仏できない。そんなことはありませんが、開いたままですと目も乾いてきてしまいます。
ペットちゃんもずっと目が開いているとまぶしいでしょうから、優しく閉じさせてあげてください。

ペットが亡くなった時の安置方法

1.安らかな姿で安置してください。

ペットの死後硬直は、手足から腹部、頭部といった順序で広がっていきます。
ペットが亡くなられたら、前・後肢を胸の方へやさしく折り曲げてあげてください。

2.ご遺体を清めましょう。

毛並みや尻尾を整えてあげてください。
お湯でぬらしたガーゼや布で全身をやさしく拭いてあげましょう。
口や肛門から体液や汚物が出てくることがありますので、ガーゼなどで拭き取ってください。

3.ご遺体の安置の方法

お棺に毛布やバスタオルを敷いて安置します。
体液がしみ出す事がありますので、その下にペットシートやビニールを敷いてください。
そして、頭とお腹のあたりを多めのドライアイスや保冷剤でよく冷やします。
この時、バスタオルなどでペットの体を一緒に包むようにすると、保冷性が保たれます。
夏場で2~3日、冬場で4~5日安置が可能です。
ご自宅で安置する場合には、遺体の痛みを防ぐためにエアコンをなるべく低い温度で設定し、また、外気が触れないようにタオル等をかけてあげてください。
保冷処置を施しても血液や体液が出てくることがあります。ティッシュやガーゼでふき取ってあげてください。

4.最期の時を過ごす
ご葬儀の日までは、毎朝お水と食べ物を換えてあげてください。
ペットが大好きなご家族と過ごせる最後の時間です。
愛情をたっぷり注いであげて下さい。

フランセス・メモリアルでは、ご自宅安置用のお棺のご用意や、お身体のお清めも行っております。
最期の姿こそ可愛くあってほしい。
心を込めて、お清めをさせていただいております。

ペットである犬の老化サイン

今回はペットとして家族として暮らしている犬の老化のサインをいくつかご紹介いたします。

人間の場合65歳からが高齢者と呼ばれますが、犬も同じくこのくらいの年齢からがシニアの仲間入りです。犬種によっても変わりますが、小型犬・中型犬で11~12歳、大型犬で8~9歳からが高齢者にあたる年齢になります。
ドッグフードなどでは6~8歳くらいからをシニアと呼びますが、犬の6~8歳は人間でいうと40~50歳くらいの年齢にあたります。シニアと呼ぶにはまだちょっと早い気もしますが、人間でもこのくらいの年齢になると食生活が変わったりしますね。
とはいっても、老化のスピードは犬によって様々。人間と同じく、老化をしていく様子にも個人差があります。

「まだ○歳だから大丈夫」と言わず、老化のサインが出ていないかチェックしてあげることが大切です。

・散歩に消極的になった
・歩いたり立ち上がったりするのが不自由そうになった
・睡眠時間が長くなった
・性格が反抗的になった
・食べ物の好みが変わった
・あまり遊ばなくなった
・感情の起伏が激しくなった
・今までできていたことができなくなった
・息遣いが荒くなったり、咳をすることが多くなった
・毛が薄くなった
・口臭や歯の汚れが目立つようになった
・寒さに弱くなった

「年取ったな」と感じたら、定期的な健康診断をするようにしましょう。
大切な家族であるペットですから、長生きしてほしいというのはみなさん変わらないことでしょう。