Q. 亡くなったペットが昔骨折の経験があり、ボルトが入ったままです。そのままでも火葬は可能でしょうか。
A.

そのままでもご火葬は可能です。ご火葬終了後、お骨とボルトを分けてご収骨いたします。

Q. ペットが亡くなってしまいましたが、他の家族が集まれる日まで少し時間が空いてしまいます。全員が出席できる日に葬儀を行いたいのですが、どうすればいいでしょうか。
A.

ご葬儀はいつでも可能です。
ご遺体の保存として夏場で大体2~3日、冬場で4~5日以内の安置期間を推奨しております。どうしても臭いやお身体の痛みが出てきてしまいます。ご家族様が揃うまでお時間がかかってしまう場合、ご火葬を先に行い、ご葬儀をその後行うということもできます。

Q. ペット保険に入っています。ペットが亡くなった証明書の発行はお願いできるのでしょうか。
A.

ご葬儀の明細書を証明書としている保険会社さんや、所定の形式のある保険会社さんもあり、保険会社によって形式が様々ですので、加入の保険会社にご確認ください。ご希望の形式での証明書を発行しております。

Q. しっかりとした葬儀をお願いしたいのですが、カードでのお支払いは可能でしょうか。
A.

フランセス・メモリアルではクレジットカード決済が可能となっております。
取り扱いブランドはVISA・Master・JCB・AMEX・Diners・Discoverです。
店頭ではご一括払いのみとなっておりますので、分割をご希望の場合はご利用カード会社様にお問い合わせ下さい。

Q. ペットが亡くなったのに目が閉じてません。どうすればいいでしょうか。
A.

ペットちゃんが亡くなると、体の力が抜けてしまいお口が開いたままになることがございます。
体液の漏れを防ぐという意味でもきれいな姿にしてあげましょう。

①ペットちゃんの舌が出ている場合は、お口の中に戻してあげてください。
戻した後、ペットちゃんのお口を閉じさせてあげてください。

②お口が閉じたまま固定できるように、タオル等で固定をしてあげてください。

③お口の下にもタオルやペットシートなどを敷いてあげると体液の漏れを吸い取ってくれます。
※体液の漏れの処置方法は次回詳しくご説明いたします。

④その後、お口が閉じたらタオルを外し、お棺に寝かせてあげてください。

Q. 当時は火葬だけで十分だと思い他所で火葬をお願いしたのですが、今になって納骨をしっかり行いたいと思っています。納骨だけのお願いは可能でしょうか。
A.

ご納骨だけのご依頼も可能です。お気持ちの区切りがついてからご納骨される方も多くおられます。
ご見学はいつでも可能ですので、きちんと預けられると信頼できる霊園にお願いしてください。

Q. 先日火葬をお願いし、返骨していただきました。その時はいつまでも一緒に痛いと考えていましたが、お骨はいつまでも持っていていいものなのでしょうか。
A.

手元供養という言葉があるように、ご自宅での供養も一つの手段です。しかし悲しむ家族を見ているとペットちゃんが虹の橋へ行けない、きちんと納骨やお墓に収めることで気持ちの区切りをつけることが出来ると思っております。ペットロスの抑制にもつながるとフランセス・メモリアルでは思っております。

Q. 先日火葬をお願いし、返骨していただきました。その時はいつまでも一緒にいたいと考えていましたが、お骨はいつまでも持っていていいものなのでしょうか。
A.

手元供養という言葉があるように、ご自宅での供養も一つの手段です。しかし悲しむ家族を見ているとペットちゃんが虹の橋へ行けない、きちんと納骨やお墓に収めることで気持ちの区切りをつけることが出来ると思っております。ペットロスの抑制にもつながるとフランセス・メモリアルでは思っております。

Q. 先日葬儀をお願いし納骨堂を利用しているのですが、後から分骨は可能でしょうか
A.

もちろん可能です。ですが、一度骨壺に収めてしまいますとお骨の部位がわからなくなることもございます。特定のお骨を分骨したい場合はご収骨時にお申し付け下さい。

Q. 葬儀の後もペットと一緒に生活をしたいので、お骨の一部を分骨したいのですが可能でしょうか。
A.

可能です。納骨される理由としては、大半のお骨を納骨し、手元に少しだけ残すという方が多く見られます。分骨用のアクセサリーや骨壺・カプセル等ご用意しております。