ペットが亡くなったら

亡くなってからしてあげられる最初のことです

愛するペットとの突然の別れは、誰でも寂しく悲しいものです。温もりの残る体を抱いて悲しみでいっぱいのことでしょう。きちんと見送ってあげるためにも、飼い主様自身が後悔しないためにも「その時に何をすべきか」をご案内させていただきます。

1.まず弊社にお相談ください。

安置の方法、ご葬儀の流れ、ご料金、全てご相談承ります。

お電話はこちら
0120-900-408

2.安置棺のご配達 (翌日)

必要なお客様には安置用棺をお届けいたします。

3.ご葬儀 (2日目~6日目)

ご葬儀を執り行います。

4.火葬 (ご葬儀当日)

火葬を執り行います。

5.納骨 (ご葬儀当日)

納骨を執り行います。

6.お参り (ご納骨後、常時)

納骨堂はいつも開いておりますので、いつでもお参りにきていただけます。

料金の詳細につきましては、下記「料金のご案内」ページをご覧下さい。

安置方法の一例

1.安らかな姿で安置してください。

ペットの死後硬直は、手足から腹部、頭部といった順序で広がっていきます。
ペットが亡くなられたら、前・後肢を胸の方へやさしく折り曲げてあげてください。

2.ご遺体を清めましょう。

毛並みや尻尾を整えてあげてください。お湯でぬらしたガーゼや布で全身をやさしく拭いてあげましょう。口や肛門から体液や汚物が出てくることがありますので、ガーゼなどで拭き取ってください。

3.ご遺体の安置の方法

お棺に毛布やバスタオルを敷いて安置します。体液がしみ出す事がありますので、その下にペットシートやビニールを敷いてください。そして、頭とお腹のあたりを多めのドライアイスや保冷剤でよく冷やします。この時、バスタオルなどでペットの体を一緒に包むようにすると、保冷性が保たれます。夏場で2~3日、冬場で4~5日安置が可能です。ご自宅で安置する場合には、遺体の痛みを防ぐためにエアコンをなるべく低い温度で設定し、また、外気が触れないようにタオル等をかけてあげてください。保冷処置を施しても血液や体液が出てくることがあります。ティッシュやガーゼでふき取ってあげてください。

4.最期の時を過ごす

ご葬儀の日までは、毎朝お水と食べ物を換えてあげてください。ペットが大好きなご家族と過ごせる最後の時間です。愛情をたっぷり注いであげて下さい。

亡くなったペットちゃんの処置方法

ペットちゃんが亡くなると全身の力が抜けるため、体液が漏れ出すことがございます。季節によってはにおいの元にもなります。

最期の姿を普段と変わらない綺麗な姿にするためにも、処置を行いましょう。

体液が漏れ出す部分として
・お口
・お鼻
・お尻
の3つがあります。

それぞれ同様の処置を行います。
①脱脂綿(コットンやガーゼ等)を大きさに合わせ小さくちぎります。ピンセットや綿棒などをつかって、優しく詰めてあげます。②あまり多く詰め込む必要はありません。汚れてきたらまた変えてあげましょう。③お口に詰める際は、舌を軽く押さえ、喉の奥に詰めるようにします。

フランセス・メモリアルでは、お棺をお持ちする際にご要望の応じて上記のような処置を行わせていただきます。ご遺族様の手で行うのももちろん良いですが、お気持ちが追い付かないこともあります。そんな時は遠慮なくお申し付けください。私たちにできることは、お手伝いさせていただきます。

亡くなったペットのお口を閉じる方法

ペットちゃんが亡くなると、体の力が抜けてしまいお口が開いたままになることがございます。体液の漏れを防ぐという意味でもきれいな姿にしてあげましょう。

①ペットちゃんの舌が出ている場合は、お口の中に戻してあげてください。戻した後、ペットちゃんのお口を閉じさせてあげてください。

②お口が閉じたまま固定できるように、タオル等で固定をしてあげてください。

③お口の下にもタオルやペットシートなどを敷いてあげると体液の漏れを吸い取ってくれます。
※体液の漏れの処置方法は次回詳しくご説明いたします。

④その後、お口が閉じたらタオルを外し、お棺に寝かせてあげてください。

亡くなったペットの目を閉じさせる方法

「ペットが亡くなると自然に目を閉じる」
目が開いたまま、旅立ってしまうペットも少なくありません。目が開いていると、
「生きているようで気持ちが苦しい」
「目から光が失われていくのを見るのがつらい」
そんなお声を聞きます。

ペットが亡くなった際に、目を閉じさせる場合は、死後直後の硬直が始まる前に優しく閉じさせてあげましょう

①親指をペットちゃんの下瞼に置き、持ち上げるように押し上げます。人差し指でペットちゃんの上瞼をおさえておきます。親指の押上げで目は閉じますが、人差し指で抑えることで自然に目を閉じた位置に瞼をおさえることができます。

②そのまま5分~10分ほどおさえておきます。

③そっと手を離すとペットちゃんの瞼が閉じています。盛り上がってしまった部分を優しく平にしてあげましょう。

再びペットちゃんの目が開いてしまった場合は同様に繰り返します。

目が開いていると、成仏できない。そんなことはありませんが、開いたままですと目も乾いてきてしまいます。ペットちゃんもずっと目が開いているとまぶしいでしょうから、優しく閉じさせてあげてください。

お電話はこちら
0120-900-408
葬儀お見積りこちら
お電話はこちら
0120-900-408
葬儀お見積り